【学会発表】M2の佐藤君がヒューマンインターフェースシンポジウム2019で発表しました。

| コメント(0)

機械システム制御研M2の佐藤大介君が,9/2-5に同志社大学・今出川校地で開催された「ヒューマンインターフェースシンポジウム2019」(主催:ヒューマンインターフェース学会)において、仮想抱擁システムのオートメーション化とその効果をカウンセラ側・クライアント側の両面について評価する研究の成果を発表しました。

〇佐藤大介,藤井文武,森川治,服部稜,「仮想抱擁システム実⽤化に向けた動作認識による圧⼒提⽰制御」

今回の開発の内容は,システム動作の確実性を上げるだけでなく,様々なカウンセリングシナリオに対応するための基幹的技術を含んでおり、今後の発展が期待されます。

HIS2019佐藤発表.jpg

写真1:発表中の佐藤君

HI2019佐藤質疑応答.jpg

写真2:質疑応答のようす

コメントする

このブログ記事について

このページは、機械工学科・機械システム制御研究室ホームページが2019年9月12日 15:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【国際会議】M2の守田君が IEEE CASE 2019 で発表しました」です。

次のブログ記事は「【学会発表】M1の奥迫君が日本機械学会2019年次大会で発表しました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。