研究業績

論文(査読有り)

  1. M. Yanagishita, Teichmuller distance and Kobayashi distance on subspaces of the universal Teichmuller space, Kodai Mathematical Journal 36(2013), 209-227.
  2. M. Yanagishita, A sufficient condition for rigidity in extremality of Teichmuller equivalence classes by Schwarzian derivative, Analysis in Theory and Applications 30(2014), 130-135.
  3. M. Yanagishita, On a relation betweeen the universal Teichmuller space and the Grunsky operator, Acta Mathematica Sinica (English Series) 30(2014), 591-600.
  4. M. Yanagishita, Introduction of a complex structure on the p-integrable Teichmuller space, Annales Academia Scientiarum Fennica 39(2014), 947-971.
  5. K. Matsuzaki, M. Yanagishita, Asymptotic conformality of the barycentric extension of quasiconformal maps, Filomat 31(2017), 85-90.
  6. M. Yanagishita, Kahlerity and negativity of Weil-Petersson metric on square integrable Teichmuller space, Journal of Geometric Analysis 27(2017), 1995-2017.
  7. M. Yanagishita, Smoothness and strongly pseudoconvexity of p-Weil-Petersson metric, Annales Academia Scientiarum Fennica 44(2019), 15-28.

国際会議における発表

(口頭)
  1. p-integrable Teichmuller space, The 21st ICFIDCAA, Nanjing University (Nanjing, China), June 2013.
  2. Weil-Petersson metric on square integrable Teichmuller spaces, The 22nd ICFIDCAA, Dongguk University (Gyeongju, Korea), August 2014.
  3. Coincidence of Teichmuller and Kobayashi hyperbolic distances on p-integrable Teichmuller spaces, The 10th International ISAAC Congress, Macau University (Macau, China), August 2015.
  4. Coincidence of Teichmuller and Kobayashi hyperbolic distances on p-integrable Teichmuller spaces, The 23rd ICFIDCAA, Kyushuu Sangyo University (Fukuoka, Japan), August 2015.
(ポスター)
  1. p-integrable Teichmuller space, The Asian Mathematical Conference 2013, BEXCO (Busan, Korea), June 2013.

国内学会・シンポジウム等における発表

(招待講演)
  1. Teichmuller distance and Kobayashi distance on subspaces of the universal Teichmuller space, 2012年度「リーマン面・上連続群論《研究集会, 大阪大学理学研究科 , 2013年1月.
  2. p乗可積分タイヒミュラー空間の複素解析的構造について, 研究集会「リーマン面に関連する位相幾何学 2014」, 東京大学大学院数理科学研究科, 2014年8月.
  3. p乗可積分タイヒミュラー空間の複素解析的構造について, 東工大複素解析セミナー, 東京工業大学大岡山キャンパス, 2014年12月.
  4. 早稲田大学早稲田キャンパス, 2015年7月.
  5. Complex analytic structure on the p-integrable Teichmuller space, 2014年度「リーマン面・上連続群論」研究集会, 大阪大学中之島センター, 2015年2月.
  6. 2乗可積分タイヒミュラー空間上のWeil-Petersson計量の曲率について, 早稲田双曲幾何幾何学的群論セミナー, 早稲田大学早稲田キャンパス, 2015年7月.
  7. Weil-Petersson metric on the square integrable Teichmuller space, 2015年度「リーマン面・上連続群論」研究集会, 東京工業大学大岡山キャンパス, 2016年2月.
  8. Weil-Petersson metric on the square integrable Teichmuller space, 2015年度「リーマン面・ 」 研究集会, 東京工業大学大岡山キャンパス, 2016年2月.
  9. Complex analytic theory of universal Teichmuller space, Colloquium talks in Indian Institute of Technology Kharagpur, August 2016.
  10. 2乗可積分タイヒミュラー空間上の Weil-Petersson 計量の完備性について, 2019年度「リーマン面・不連続群論」研究集会, 京都産業大学むすびわざ館, 2020年1月.
(その他口頭による発表)
  1. タイヒミュラー空間とグランスキー作用素との関係について, 第47回函数論サマーセミナー, かんぽの宿 鳥羽, 2012年8月.
  2. 普遍タイヒミュラー空間の部分空間におけるタイヒミュラー距離と小林距離について, 日本数学会2012年度秋季総合分科会, 九州大学伊都キャンパス, 2012年9月.
  3. タイヒミュラー空間とグランスキー作用素との関係について, 日本数学会2013年度年会, 京都大学吉田キャンパス, 2013年3月.
  4. p乗可積分タイヒミュラー空間への複素構造の導入, 第48回函数論サマーセミナー, かんぽの宿 湯田, 2013年9月.
  5. p乗可積分タイヒミュラー空間への複素構造の導入─基本領域による単位円板の分割の応用, 日本数学会2013年度秋季総合分科会, 愛媛大学城北キャンパス, 2013年9月.
  6. 2乗可積分タイヒミュラー空間上のWeil-Petersson計量について, 第49回函数論サマーセミナー, 鹿児島県市町村自治会館, 2014年9月.
  7. 2乗可積分タイヒミュラー空間上のWeil-Petersson計量について, 日本数学会2014年度秋季総合分科会, 広島大学東広島キャンパス, 2014年9月.
  8. p乗可積分タイヒミュラー空間上のp-Weil-Petersson計量の構成について, 日本数学会2018年度年会, 東京大学駒場キャンパス, 2018年3月.

戻る

柳下 剛広(YANAGISHITA Masahiro)
myngsht(at)yamaguchi-u.ac.jp